■プロフィール

ワタクシ

Author:ワタクシ
-------------------

Patch Notice



職場の窓ガラスにニホンヤモリさんのあののっぺりとした白いお腹がへばり付く季節がやってまいりました。

ソルダム食べたい





-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。通告なく適当にやっていただいてかまいません。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
ほぼ1周したのかな?
はやいもので、もうすぐRO復帰1周年となります。
ホントにあっと言う間だったなー。夢中だったからなのか、歳のせいなのかは分からないですが。


わたくしが復帰した2016年12月15日はちょうどクリスマスイベントの只中でしたので、現在開催中のハロウィンパーティをもってちょうど1年分のシーズナルイベントを体験したことになるのかな。思い返せば最初のクリスマスイベントからずっと、このシーズナルイベントが大きな収入源となってくれてわたくしのROライフは進んでまいりました。休止期間も長かったですし、いつからこの形式なのかは不明ですが、現代ROでは(わたくしの経験から言いますと)同業他社のMMOに倣ったのか、金策手段としても機能する形でシーズナルイベントが定期開催されるようになったようです。

"わたくしの経験から言いますと"というのはですね、そんなにあちこち回ったわけではないのですが、少なくともわたくしが遍歴しましたMMOでは(現代ROも含め)、シーズナルイベントと限定アイテム配布(お使いクエとセットな感じで)が紐づけられておりまして、課金されたアカウントで一定レベルあれば誰もがある程度の報酬にありつけるという体裁まで共通している感を受けるのですね。

もちろん基本的な傾向こそ同じですが、それぞれのゲームによって文化が違えば稼げ方というのも様変わりします。
たとえばROに復帰して以降、主にTrial and Errorカテゴリにて試行錯誤の様子を記録してきましたが、シーズナルイベントにかぎらず、期間限定イベントでの配布装備(衣装が多いですよね)はほとんどプレミア化しませんね。
20XX年のイベントで入手したものはもう2度と手に入らないので時間経過とともに高額化する、みたいな例はROではなさそう。
(某MMOでの経験ですが、課金サービス開始直後のイベント景品(衣装装備)が何年も経ってから人気が出て金ゴキC並みの値段が付いた例があります。それを着て街を歩くと交渉wisがいっぱい飛んでくる感じ。)

これにはいくつか理由が考えられますが、

・景品配布とイベントクリアフラグ付与(次回イベントボーナス条件)が同時点のケースが多いので、供給過多である
・コスミという衣装装備の恒常的供給源があり、ゲーム内装備に限っても選択肢が豊富(需要分散)
・販売終了すると基本的に再販が無い(ゲーム内で出回っている物だけ)という、イベント景品の上位互換ともいえるコスたまの存在


といった要素が挙げられると思います。
とくに課金衣装の存在は大きいですね。課金アイテムということで、明確にゲーム内装備とは格差があります(デザイン等)
そしてデザインだけで言うと先日のスタンプラリーで配布されたフェアリーウィングは非常に可愛らしくお気に入りではあるんですが、↑の1点目に該当するため供給過多であり、街に溢れているので新鮮味に欠けますよね。
むしろ確率入手だったリボンハットやインビシブルシリーズにやや高値が付いた感じ。
個人的にはフェアリーウイングも確率入手で良かったかなと。
(あくまで個人的な意見ですけどね。そのせいで自分が手に入れられなかったとしても、あこがれを持ちお金貯めて買おうかなって思えたと思うし。市場に流動性をもたらすという点でもアリと思いました。)

やはりプレミアがつくためにはデザインが良いことを前提に、それに加えて入手経路の乏しさ、不足感が必要です。
とはいえ、今年のイベントの景品を俯瞰しても、蜃気楼の塔のクリア報酬であった「天使の羽帽子」や上述のリボンハット、あとはせいぜいジューンブライドで貰えた(結婚済みキャラ限定ですが)オウムとインコくらいでしょうか。それでもみんなが欲しいと思うほどの訴求力があるとは言えませんし、一部の衣装マニアに売れるくらいで、課金装備には及ばない感じ。
これもまた個人的な見解ですが、ROにおいて衣装装備は実用課金装備と並ぶ集金の柱という位置づけでしょうから、ゲーム内で入手可能な衣装装備に過大なプレミア感を出すのは抵抗があるのかもしれません。
ニッチな需要は満たせるのでうまく売り抜ければ多少は稼げますが、万人向けの金策とは言い難いですね。


ではROのシーズナルイベントは何をもって金策手段として機能しているか?と言えば、皆さんもうお分かりですよね。

実用消耗品です。

カード帖や箱、エンチャント素材、精錬素材、高需要生産素材、コイン(ないしコインホルダー)、高需要回復品

ギャンブル品もエンチャント素材も生産素材も回復剤もコインも、使えば消費されます。
それを使った後に生じるもの(エンチャント済み装備、交換した装備、生産品等)も、過剰精錬や使用によって消費される可能性があります。
また期間限定イベントなどとの絡みで副次的に↑の実用消耗品の需要が発生するケースもあります。
(新規カード実装後にカード帖値上がり、精錬祭前のエンチャント素材など複数銘柄の値上がり、など。)

こうして、年間を通じて安定して一定の需要が保証されうるアイテムですとか、ある時期に非常に高く売れるアイテムなどが生まれるわけですが、その大半は↑に示しました実用消耗品の類だと思います。
シーズナルイベントはこの高需要消耗品を景品として直接配布してくれるか、高需要を生んで間接的に金策の手助けをしてくれます。

消耗品は誰もが貰って困らない(自分で使うにしろ、売れるにしろ嬉しい)し、考えてみれば確率入手な期間限定装備品に変にプレミアがついてしまうと、手に入らなかった人と手に入った人との間で不公平感が出たりする可能性もありますが、消耗品ですとあまり後腐れがないというのも大きいですね。

今年2月の公式アンケートで、あたかも"月額プレイ料金は課金にカウントしない"かのような印象を与える内容の質問形式がありネタにされていましたが、しかし安定して課金を続けてくれるユーザーに対しては、継続してプレイするうえで必ず必要になってくるもの(=ゲーム内通貨)の獲得手段として、折々に開催されるシーズナルイベントが社会保障政策といいますか、セイフティーネットといいますか、そのようにして機能するよう配置されているわけです。
ちゃんと考えられているなーというのは常々感じました。

それを前提として、お大尽様は課金アイテムを売れば、楽してもっと稼げるわけで。それは自由資本主義経済の観点からして当然です。でもその前提、すなわち月額プレイ料金民という一般市民に対する納税分の社会保障、これもまたちゃんと感じることができましたね。大きな政府とか、ソーシャルリベラル寄りな感覚と申しますか、無秩序な大正義課金者有利社会に陥るのを防ぐためのある一定の努力のようなものを運営からは感じたということです。

意外とこのバランスって難しいはずです。ソシャゲはネオリベ上等逃げ切り運営ですし、不公平感をなくすため格差是正に腐心したゲームは多分全く魅力がなくなって即死亡するでしょう。このバランス感覚を掴むために迷走を重ねた暗黒期があったようですし、そこで多大なるヘイトを溜めている事もまた事実とはいえ、その果てにソフトランディングに成功しなかった数多のMMOがその生涯を閉じた一方、ROは15周年超えてもなお何とか持ちこたえている、そういうことではないでしょうか。
(ゲームコンテンツそのものの持つ魅力にも大きく助けられていると思いますけどね)

少なくともROはプレイヤーキャラクターのレベルにはほとんど意味がないです。(装備レベル制限という要素は別として)
たとえ心血注いでレベル175に到達したとしても、全裸だと無力です。
装備の整い方でプレイスタイルや遊べる世界が変わってきます。
単刀直入に言えば、地獄の沙汰も金次第、ということです。
だからこそプレイヤーと金策の関係に対するバランス感覚というのは非常に重要で、運営が最大限の注意を払わなければいけない要素だと思います。

今回、ほぼ新規に近いプレイヤーとして1年間、プレイ料金のみでしかも無敵のソロ軍団として慎ましく暮らしてきて、装備資産は時価7G(※公式露店ツール直近2か月で取引成立した値段を参考価格とする)程度となりました。
これはRO経済がインフレ基調にあるというのを考慮に入れると、わたくしが休止に入る前(10年前)はおろか、つい2、3年前の感覚・経済事情からも乖離してしまっていて単純比較は不可能みたいですけど、それでもゲーム内での活動だけでもそこそこの資産運用は可能というのは感じられた1年でしたね。

もちろん漫然と課金して過ごしていれば勝手にお金が貯まるというわけではないです。商機こそ勝機と捉え、イベントごとやラグ缶のラインナップの変化に敏感に反応できる人ほど金策は楽で、大きな利益を上げられるはずです。こうした傾向は10年前も今も、もっと言えばよそのMMOでもROでも変わらない光景だと思います。
というかそうやって試行錯誤したり、頭を捻っていいことを思いついた時のアハ体験こそがゲームの醍醐味だと思うのですが、やはりちょっとばかり年寄り臭いでしょうかね。


スポンサーサイト


RO関係 | 16:48:14 | コメント(2)
コメント
復帰一周年おめでとうございます!
ところで、B鯖への移住はまだでしょうか?

>「天使の羽帽子」
>訴求力があるとは言えません
この報告は犬耳にとってはショックだった
まぁ実際、おまけみたいなものですが
2017-10-30 月 23:44:51 | URL | 犬耳@RO [編集]
Re: タイトルなし
犬耳ちゃん

こんばんは。深淵ロスになっていませんか?


>復帰一周年おめでとうございます!

ありがとー!1周年記念についでに言っておくと、私、猫耳原理主義派なのね
一緒に猫耳付けてくれるなら喜んでB鯖民に・・・



>この報告は犬耳にとってはショックだった

実は私もショックだった
露店に結構高値で出している人がちょくちょくいるから、さすが高難度イベント景品だなーと思ったら
露店ツールによると高額なのはほぼ売れてないみたい
過疎鯖事情だけ見て回ったけど、どこも実勢価格はインビシブルもリボンハットもオウムもインコもチュウニペンギンも5M前後が天井みたいね

あ、でも誰もクリアできなかったらしい真ルートの景品だったら違ったかもね

2017-10-31 火 01:23:56 | URL | ワタクシ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad