FC2ブログ
 
■プロフィール

ワタクシ

Author:ワタクシ
-------------------

Patch Notice



シャトレーゼで買ったアイスに付いてきた保冷材(良くあるビニールじゃなくガーゼっぽい包装のやつ、ロゴ入ってるし特注なのかな?)で猫を撫でまわすと熱中症対策になるし喜ぶ。

ビニール包装のやつはすぐ結露するし冷たすぎていやがる子もいるけど、ガーゼなので濡れないし冷たさもマイルドでちょうど良いみたい。






-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。通告なく適当にやっていただいてかまいません。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
フィギュアスケート女子


ロシアヤバイ。
大正義エテリ・トゥトベリーゼがヤバイ。
そして素直にこのトルソワちゃんすごい。大絶賛です。あと4回転に挑戦してくれて本当にありがとうと言いたい。




でも・・・
逆に、これでハッキリしてしまった。

女子も、少なくともサルコー辺りまでなら4回転を武器にすることが出来る。
ジャンプの性質上、男子と同様に3Aより4回転のほうがすんなり習得できるという子も多いだろうし、やろうと思えばトルソワちゃん以外にも4回転をプログラムに入れることが出来る子は(潜在的に)まだまだ存在するはず。



ただし、それは第二次性徴期を迎えるまでの話。
男子はここから体格が良くなり筋肉も付いて技術的に大きく進化を遂げていくことが可能となる。
でも女子フィギュアスケート選手にとってこれはタイムリミットを意味する。


ジュニア時代に習得し武器になるまで研ぎ澄ませた高難度のジャンプが、シニアに移行しさあこれからというときに体格の著しい変化と感覚の狂いによって飛べなくなるというのは、選手当人にとっては相当に挫折感を感じさせるものに違いない。

それを考えれば女子フィギュアの技術的な天井が不文律のように3Lzで停滞し、発展していかないのも仕方のないことなんだろう。
現状でさえ摂食障害に苦しみながら戦い続けている選手が多いことを思えば、彼女たちは挑戦しないのではなく、挑戦したくてもできないというのが正しいのだろう。

個人的にトルソワ選手にはシニアに上がって以降も変わらない活躍を続けてこの閉塞感を吹き飛ばし、シニア女子の選手が3Aや4回転ジャンプを飛べないというのは悲観的思い込みの集団幻想に過ぎなかったと証明してほしいものだけれど。


スポンサーサイト


フィギュアスケート | 14:27:05 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad