FC2ブログ
 
■プロフィール

ワタクシ

Author:ワタクシ
-------------------

Patch Notice



いきなり寒くなる。猫と二人で丸くなる日。


あれだけおはぎを食べたのに、今度は羊羹が食べたい





-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。通告なく適当にやっていただいてかまいません。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
精錬祭2017感想戦


2017年の精錬祭、ウェルスアイアンフェスタの全日程が終了しました。
初めての精錬祭ということで、最初のうちは勝手が分からなかったり、準備不足を痛感したりする局面も多かったです。
備忘録もかねて、新規・復帰者目線で祭りを振り返る記事を作っておこうと思います。








◆祭りの準備のこと

seasnal-eve-bonus.png

現代ROでは、シーズナルイベントをクリアすると次のシーズナルイベント開催時にリワードを受け取れる仕組みなんですよね。
今年(2017)を例にとると、3月のイベントのクリアボーナスが↑のSSで2000ポイント。さらにイベント開催直前に非常にお得な精錬祭準備イベントも開催されましたし、どちらにも参加させれば、1キャラあたり最大6500ポイントが事前に配布されるという大盤振る舞いっぷりで、開幕早々スタートダッシュを決められる感じでした。不具合さえなければ。
精錬祭用として急造した低レベルキャラですとMD回しは手間がかかりがちですし、こういったボーナスポイントが取得できるならぜひ利用したいところですよね。1キャラ6500ポイントって、決して小さくない量ですし、来年もまた似たような仕組みがあるかもしれないので、新規や復帰の方は出来れば3月までに参加キャラクターの作成くらいは済ませておきたいところです。



melt-equ.png

そしてこれですね。溶解可能アイテムの備蓄。倉庫整理品だとかで露店に捨て値で並んでいる装備の中には、精錬祭で精錬ポイントに交換できるものが混ざっていることがあります。あとは、日課にしているMDで産出される装備群が対象になっていることもありますしね。
去年の精錬祭情報を参考にしながら、今年も同じものが対象になるかもしれないということで細々と倉庫にため込んでおいたのですが、イベントが始まって公式ブログで今年の交換レートが公表されたので見てみると…5,000ポイント相当は貯まっている計算になって驚きました。今年は『ジターバグ』産の装備品がいくつか対象になっていた上に、交換レートも悪くなかったのが大きかったですね。

failure.png

イベント期間中は、毎日何キャラもMDを回す必要があるので、このように幻燈鬼のチェック漏れが起こることもあります。
基本的に最後のエリアの幻燈鬼が1番大きくポイントを割り振られていますので、そこでチェック漏れがあるとこのように悲惨なことになるんですよね。
CTを計算に入れながらスケジュールを組んでおいてこういうミスをすると結構ガックリきますが、溶解アイテムの備蓄分で補填して事なきを得るというのも手です。
毎年交換レートは変動するようですが、基本的にMD産出品が対象になっているのと、入手難易度の高いものほど交換レートが高めな傾向があるということは覚えておいて損はないと思います。




◆参加キャラのレベル

実際に体験してみて、獲得可能な精錬ポイントは去年のイベントを踏襲しているというのを確認。
来年も開催されるなら同じ仕様だろうということで、考えてみますと、

MDポイント
(10倍報告)
幻燈鬼CT備考
暴窟王の洞窟6,000約1週間
(156時間)
開始条件なし
BOSS無視可能
永劫の戦い2,5005回目のAM5:00レベル9~
難易度不問
戦闘不要(要敵避け移動)
ET25階2,000MD再入場時
(1週間)
レベル50~
闇の灰使用
闇の灰は倉庫移動可能
戦闘不要
真昼の弦月2,5005回目のAM5:00レベル70~
難易度不問
戦闘不要(要敵避け移動)
サラの記憶2,0005回目のAM5:00特殊1次職,転生2次職
3次職,影狼,朧,リベリオン,
限突スパノビでレベル85~
戦闘不要(要敵避け移動)
悪夢のジターバグ
(なだらか)
1,5001回目のAM5:003次職,影狼,朧,リベリオン,
限突スパノビ
BOSS無視可能
チャールストン工場4,0005回目のAM5:003次職,影狼,朧,リベリオン,
限突スパノビ
BOSS無視(ショートカット)可能
フェンリルとサラ2,0005回目のAM5:00レベル120~
戦闘なし
悪夢のジターバグ
(険しい)
2,5001回目のAM5:00レベル120~
PTリーダーが120以上なら
同行者は120未満でもOK

BOSS無視可能
最後の部屋3,0003回目のAM5:00レベル140~
前提クエスト群あり
BOSS無視可能
バコナワの棲み処3,6003回目のAM5:00レベル140~
前提クエスト群あり
戦闘なし
過去の儀式の間3,6003回目のAM5:00レベル160~
前提クエスト群あり
戦闘なし


この表は、実際に幻燈鬼回しを体験して有能だと思った鉄板ローテMDを、開始可能レベル順にまとめたものです。
1,000ポイント以下のものは多数あるので除外しております。
青字は特に有能なMDです。
(過去の儀式の間については、レベル160台まで育ったキャラが居ないので今回は使えませんでしたが、MDの構造上、バコナワが2か所に増えたようなものですので記載しました。)
(ET25階は1週間に1度しか使えないとはいえ、闇の灰を使って一瞬で終わる、低レベルなサブキャラ向けとしては非常に有能なMDですが、ETをある程度走破して闇の灰を調達できるメインキャラありきです。)


これを見ていただくと分かる通り、レベル160に到達してしまえばCTが短い・獲得ポイントが高い・手間もかからないと3拍子揃った『過去の儀式の間』『バコナワの棲み処』『最後の部屋』のローテで大体何とかなってしまうようです。
この3点のローテで10,000ポイント貯めきっておいて、ミラクル当日報告用にCTに応じて『チャールストン工場』or『暴窟王の洞窟』を済ませてキープしておけば、比較的簡単に1キャラあたり10,000+4,000or6,000ポイントをミラクル精錬につぎ込むことが可能ですが、長期課金者でもない限りレベル160台のキャラをたくさん用意して精錬祭に臨むというのは難しいですよね。

次点で、『バコナワ』『最後の部屋』の恩恵を受けられるレベル140台を目指すというのが考えられます。
ここに『永劫の戦い』か『真昼の弦月』をローテで組み合わせると、かなり楽に9,100ポイント貯まります。
ミラクル日は基本的に中4日で組まれているので、CTが3日しかないというのはやはり強いですね。
低レベル向けの良MDはどれもがCT5日で、その分スケジューリングに苦悩させられたので、苦労して140台に育てておいてよかったなと痛感しましたし。
しかし、準備期間4か月(というか復帰して0から再出発して4か月)のわたくしを例にとると、レベル140超のキャラを8体用意するのがやっとでした。新規や長期休止者目線では、レベル140キャラの量産もややハードルが高いかもしれません。

より現実的な目標としては、レベル120キャラを多く作ることになるでしょうか。
楽して2000ポイント以上稼げるMDが『永劫の戦い』『真昼の弦月』『フェンリルとサラ』『サラの記憶』と4点用意できるので、これらをうまくローテしながら1,000ポイントMDや毎日行けるジターバグを合間に組み込み、ミラクル当日には『チャールストン工場』か『暴窟王の洞窟』をキープすれば、一応1キャラあたり計1万ポイント強を用意可能なので悪くないですよね。
実際、レベル120台のキャラまではMDローテーションを組むのもそんなに苦労しませんでした。

わたくしの場合は準備期間の短さもあって、エクセリオン装備などの要求レベル100をなんとか満たす3次職なりたてキャラが2垢24キャラの半分を占めていたのが現状でした。
ポイントを稼げるMDは、基本的にミラクル当日用にキープしてある『チャールストン』『暴窟王』を除けば『永劫の戦い』『真昼の弦月』『サラの記憶』の3つだけ。
わたくしの場合は2垢ですので、前衛+ABという組み合わせでペアで行動させていたおかげで、時間がある日は『ジターバグ(なだらか)』に通いました。レベル100程度でも1ペア15分もかからず終わって1,500ポイント手に入りますし、なにより毎日使えるという安心感があります。ソロでも範囲攻撃持ち攻撃職で+9退魔神武器や3%回復剤を用意すれば何とかなりそうではありますね。
あとは、大昔にカムバックキャンペーンでinした際に、当時まだ健在だった友人に観光がてら何キャラかで連れて行ってもらった旧ET産の闇の灰の有効活用くらいです。正直これにはかなり助けられたのですが、しかし所詮は偶然の産物です。
これに味を占めて復帰後に2垢で観光に行ってみたところ、亀将軍を何とか倒したと思ったら25Fでコテンパンにやられてしまいまして。やはり低レベル新規組がETを有効活用するのはハードルが高いと思います。素直に1,000ポイントMD+上記の3か所のローテで無理なく、堅実にポイントを貯めていくことになりますね。
上記のとおり早めにキャラを用意しておけば、プレイベント等でボーナスポイントを受け取れる可能性も高いですし、それに期待するのもありでしょう。


こんな感じで、精錬祭のポイント稼ぎに焦点を当ててレベリングを考えると、
【とりいそぎエクセリオン装備などの3次職系の装備に付帯している要求レベル100を満たしたキャラを作る】
【MD回しのスケジュールを少しでも楽にしたいので120を目指す】
【バコナワや最後の部屋が開放され一気に楽になる140を目指す】
【ポイント稼ぎの苦労を過去のものにする、160という高みへ】

このように、レベル20刻みで段階があると感じました。


もちろん、友人やギルドメンバーとの共闘、またはこの時期ならではのポイント獲得MD臨時ツアーに積極的に乗っかっていくコミュ強スタイルこそ最も効率がいいのは言うまでもありません。




◆MDレビュー

実際運用して気づいた点などを何点かピックアップしてみました。
なお、幻燈鬼の具体的な配置位置については『らぐなにっき』さんが毎年非常に見やすくまとめられているようでして、そちらを参考にさせてもらいました。オススメです。


half-moon.png

【真昼の弦月】
夢の中(レベル70~)ですと、敵が弱いので教皇様は放っておいても逞しくお過ごしあそばされます。
また、ごらんのとおり完全回避装備でいけば戦闘能力のない低レベルキャラでも安全に進行可能です。
矢印の凍結トラップNPCが居るところは、上の隅を歩くと回避可能です。
2周目以降は会話部分スキップが可能となり1キャラ3~4分で終わりますので、事前に1度クリアするといいかと。夢の中のボス(ルーミン)はホーリーライトでちまちま削っても倒せるレベルです。これで2,500ポイントは大きいですね。

精錬祭とは関係ないですが、アルナベルツの内情、教皇の人柄、謎多き双子の兄ルーミン、クトルラナックスのことなど、大型アップデート当時の関連クエストだけでは分かりにくかった事柄を掘り下げて描写した良いMDでした。このようにストーリー面を充実させていく姿勢があちこちで見て取れることも現代ROの良さの1つであると、わたくしは思います。




tacoD.png

【暴窟王の洞窟】
1週間に1度使える稼ぎ頭のMDです。ここは生成CTは付くが入場CTはないタイプですので、2垢ですと幻燈鬼を回すキャラでPTを作り、足処理火力(固定)を加入させて順次回していくというのができます。タコ足処理は移動と殲滅の手間を考えると修羅や3次剣士系が向いていると思いますね。特にわたくしのような頭の悪いプレイをしない方は、ペオースセットでウインドカッターを連射していればあっという間でしょう。
ガチ勢の方ならばエドガ靴+移動速度増加装備で騎乗生物乗り回転職とかなんでしょうね。なお、ボス部屋の幻燈鬼はボス無視でチェックし続けましたが、WP入ってすぐのところにあるので特に危険はありませんでした。もちろん大勢でPTを組んで回す場合はボスを倒した方が安全かもしれませんが。





Charleston.png

【チャールストン工場】
ここもポイントが大きい稼ぎのMDですので、積極的に利用していきたいですね。
有名な話ですが中央ラボの南にある階段を下りて、段差の上からコア内部にいる最後の幻燈鬼をクリックできるので、外周にあるゲート制御システム(キックステップ)を4体倒せればそれでほぼクリアなので、風服さえ用意しておけばレベル100台そこそこの3次火力職でも周回可能でした。

今年のトレハン開始時にもらえたスカウターもどきを付けると、幻燈鬼のセリフが変わりました。トレハン中のNPCとの会話でも某エンディングテーマを連想させるセリフが聞けるとか、聞けないとか。
相変わらず芸が細かいですが、大御所にケンカ売るのはやめましょう。ほかにも機械とナルトで何かを連想させたり相当攻めていますが、本業のパズドラでコラボしているからってことで超えちゃいけないラインが緩いのでしょうか…




jita-bugF.png

【悪夢のジターバグ】
貰えるポイントが高めなのに毎日できるのが魅力ですね。特に低レベルだと行けるMDがおのずと限られてくるためCTスケジュールがタイトですし。
「険しい道」は2500ポイントも稼げるので、2垢としては『永劫の戦』『真昼の弦月』『サラの記憶』あたりが軒並みCT中の低レベルキャラを連れて行ってポイント調整できて重宝しました。fffジターバグ戦は回避できるので、3%回復剤と+9退魔神武器さえあれば120直後からでもソロで行けそうですし、120以上の支援ABを同行させて精錬祭用に作った100台のRKに稼がせるというのもやりましたが、HITさえ足りれば火力は十分と思われます。
レベル100そこそこのソロでも+9退魔神武器さえあればどうにかなってしまう「なだからな道」の方も1500もらえるので、時間に余裕があればこちら、余裕がなければ『地下排水路』『呪いの剣士』といったお手軽1000ポイントMD利用と切り替えてCT被りを回避するのに使えます。



◆ミラクル精錬と相場

期間中、特に後半になると、金策目的でミラクル精錬した装備を露店に並べる方が多くなっていき、普段は滅多に市場に出回らないようなものが破格で並んでいる状況が生まれます。
また、ミラクル精錬では+6までは比較的簡単に到達するが+7の壁が厚いこと、+7をミラクルで作ったら、以降は濃縮/濃縮改良エルを投入する課金勢が多いことが影響しているのだろうと思われますが、

+6装備が未精錬品並の値段に下落する反面、+7はある程度の価格を維持する。しかし濃縮が投入された+8装備は+7装備の価格からは想定できないほど安く出回る。

という相場崩壊が一時的に起こっているように見受けられます。
個人的には、こうした傾向を利用し、パッケ品の過剰物を大枚叩かず入手できる千載一遇のチャンスだと思いました。


スポンサーサイト
RO関係 | 16:57:46 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad