FC2ブログ
 
■プロフィール

ワタクシ

Author:ワタクシ
-------------------

Patch Notice



いきなり寒くなる。猫と二人で丸くなる日。


あれだけおはぎを食べたのに、今度は羊羹が食べたい





-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。通告なく適当にやっていただいてかまいません。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
ROのバックグラウンドストーリー調査中間報告(2017年7月現在)
RO_background_story.png

全体像
これまでの調査の結果、ROのバックグラウンドストーリーは過去のどこかの地点で刷新されている可能性が高いです。
たとえば最新(2017)のJRO公式サイトでの世界観の説明ページは↑こんな感じ。なんとこの画像がすべてなんです。
率直に言うと、この説明ページだけでは曖昧で具体性に欠け、とっつきにくいです。
実際に公式サイトへ行けば分かりますが、ストーリーを知りたいなら具体的なことは各エピソードごとの特設ページを見てくれ、と言わんばかりの構成をとっています。
(参考までに、1からROのストーリーのおおまかな流れを掴むならTOPページ→リスタートガイド(画面左中ほどのバナーリンク)→アップデートヒストリーと進んで、その特設ページを年代順に見ていくのが手っ取り早いと思います。)

なお、重力直営時代(テストサーバー時代)やJRO課金サービス初期(2000年代)にかけてROの背景として据えられていた【ユミルの心臓の欠片を巡る物語】は、現在ではROのメインストーリーを構成する要素の1つという位置に収まっていると考えられます。当然、当時の情報は公式サイトから削除されており見ることができません。

正直な話、昔のようにあらすじ的なものを世界観紹介ページのTOPに載せておくともっととっつきやすいのではないかと思うのですが、当記事の下部に書いていますような事情によってそれが難しいのかもしれません。
(あるいは単に作業人員不足など?)

ちなみに、現時点までの調査・考察においてROのメインストーリーを構成する重要要素として挙げることができるのは上述の【ユミルの心臓の欠片を巡る物語】のほか、【ウェルス・ジュピロス関係のエピソード】、【次元の狭間・魔王モロク関係の話】の3つです。

これまでの大規模アップデートや期間限定イベント等における新しいストーリーの展開は、すべてこの3つの要素のいずれかに関係するものでした。この3つの要素はそれぞれ無関係に見えつつも、過去に張られた伏線を通じてすべてが繋がっているように見えます。今後のアップデートによって3つの要素はさらに複雑に絡み合いストーリーが展開していくのではないかと期待しているところです。


原作ネタの扱い
原作ネタの扱いについても、少なくとも2013.11.12の英雄の痕跡第1弾『MDサラの記憶』実装前の時点で方向性が定まったと考えられます。

・当初、『原作はROの100年後が舞台』という設定だったようですが、逆に【数百年前(推定300年前)】の話ということにされました。推定年代の根拠については【ユミルの心臓について】の年表を参照してください。

GHMDの特設ページの年表の記述(↓のSS)から、"聖戦"に関する設定は原作およびROサービス初期時代の(人間族・神族・魔族によるミッドガルドの覇権をめぐる争い)から大きく変更され、【人間と巨人族との間で起こった戦争】ということになったようです。
ghmd-timeline.png


・なお、少なくとも2006年10月(EP5.0フィゲル実装)の時点でユミルについての設定は原作(聖戦末期に人類が造った魔道兵器)とは異なり【世界を作った巨人】という設定が出てきていますが、その後具体的な描写は一切ないので、これが北欧神話の始まりの巨人ユミルを指すのか、それともJRO世界設定班オリジナル要素なのかまでは定かではありません。当ブログでは現在前者であると仮定して考察を進めています。


ROは1つではない
最後に、わたくしが考察しているROの世界観について言及しておきます。
調査の結果、ROはサービスが展開されている国・地域によってローカライズに大きな差があるようです。
わたくしとしてはそれは装備やスキルの仕様関連の話限定だと思い込んでいたのですが、実際にはストーリーの語られ方もかなり改変されています。
(おそらく大筋はKRO準拠だと思いますが)

調査の過程で、JRO運営のガンホーが重力からかなり大きな裁量権を得ているという話を知りました。
週刊ROチャレンジ!さんによる運営チームへのインタビュー記事(2015年末)

わたくしとしては、開発元である重力直営のKROにおいても原作ネタの扱い方の変更など大きな修正があったのだろうとは推測していますが、それとは別に裁量権の拡大によりローカライズ時に矛盾点や展開力に欠ける不安要素を排し、JROオリジナルと呼べるほどのストーリーラインの改変が行われているのではないかと推測しており、これを【ストーリーラインのR化(仮説)】と呼んでおります。
これに伴って公式サイトでの公開情報や、情報開示のやり方自体もかなり変わってきているのではないでしょうか。
(すでにサービス開始からかなり時間が経過しており、実装済みの要素も多いため後付けによるストーリーライン改変を行っていく都合上、古い記述を削除して新しい記述はあいまいにされている可能性が。)

ということで特に注釈等がない場合、わたくしの考察しているROの世界観とはJROの世界観を指します。
なるべくKROからの変更点などもわかる範囲で調査したいところですが、まずはJROで進行中のストーリーを、すでに実装済みの要素のR化の流れも含め解析していくことを中心に進めようと思っています。

スポンサーサイト


RO関係 | 19:38:15 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad