FC2ブログ
 
■プロフィール

ワタクシ

Author:ワタクシ
-------------------

Patch Notice



いきなり寒くなる。猫と二人で丸くなる日。


あれだけおはぎを食べたのに、今度は羊羹が食べたい





-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。通告なく適当にやっていただいてかまいません。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
優良誤認広告(笑)


はえーすっごい・・・
これはもうレッケンベルも終わりやね











TG_correlation chart

「」

まーた大統領派が無能っぷりを晒してしまったのか・・・(10年ぶり3回目)
しかし次期国王陛下有能すぎませんかね。今回のアップデート直前まで、嫡男にもかかわらず後継者候補から完全に脱落していているし王冠強奪の原因作るし、ハイネン家の特質たる魔力が弱いせいでずっと家の面汚し扱いだったはずだし、家の末席に等しい扱いなら社交界の出入りもあまりなかっただろうし、基本的に情報には疎そうじゃないですか。

ならば何年も前に失踪したセイレン=ウインザーら使節団の話なんて寝耳に水というか、ちょっと知ってる程度の話か、全くご存じないかって感じのはずですよね。
それを、研究所中央室から帰還したプレイヤーから報告受けて速攻で遺憾の意発動という最強カードに仕立て上げてシュバルツバルド共和国政府の弱み1つ握ってしまったんですよね。

本来、

「お宅の国の某企業がウチの家宝盗みよったんで取り返すの手伝っていただけます?」

って、逆に貸し作る話ですよ。内政干渉するわけですから。


rebenbleg.png

かつてシュバルツバルト相手の外交交渉に失敗したせいで救援部隊を送れず両親がモンスターに殺されてしまい復讐の炎に包まれたレベンブルク家の例は記憶に新しいですよね。当初は、ニーヒルたちもテラ・グローリア奪還に協力してもらうかわりに共和国側から何らかの見返りを要求される状況にあったはず。

ところが祝福の星は奪い返す、盗人はキッチリ〆る、共和国政府にとって悩みの種だったリベリオンとの険悪状況を(表向きだけでも)解消して同盟まで組んで"あげて"、その上憎き宿敵であるレッケンベルの私兵集団を1個壊滅させて"あげて"逆に恩を売る、その上遺憾の意カード1枚獲得。

これにはグランツ大公も熱い手のひら返し不可避

【朗報】ルーンミッドガッツ王国、本当に胎動していた




というのは、いいんですけど、




nihil.png

こんな感傷的なこと言いながら、同時にセイレンたちの非業の死を政治的取引の材料にもする。
まさに将の器と言える冷徹さ。
怖いですね。

miserはラテン語で不幸とか貧しいって意味で、前回の七王家クエで本人が自嘲してましたけど
nihilにいたっては虚無ですからね。
名前も怖い。某闇堕ちした古王みたいにならないでね!








reve.png

たしかkROでは共和国守備隊が無慈悲な鎮圧をやって傭兵を壊滅に追いやったんですよね
無慈悲すぎて当時の政府代表が国民から猛バッシング受けて辞任に追い込まれるほどに。

まぁ同盟なんて1兆%無理でしょうな
クラナネエミリーで正体バラした瞬間にレイジーさん蜂の巣でしょう。

・・・・普通そうなるよね?
ぇえ・・・KROのテラグロのメインクエストってJROとほぼ同じ内容なの・・・




ローカライズ(常識的なストーリーに作り変える修正作業)
うーん・・・










ymir-pile-.png

やっぱり"ユミル"はイグドラシル世界の大地の元になった原初の巨人ユミルとして設定されているんでしょうかね~。
その心臓は万物の根源に等しいと。

でも本物は希少品だし、扱い方も難しいからってイミテーションをあっさり作っちゃうバルムントさんって本当に傑出した天才だったのね。天才過ぎて彼の創造物は彼しか管理できなかったくらいに。

思えばそれが悲劇の始まり。
ヴェルナーの言うこの"無謀な実験"ってボルゼブのやってた実験でしょう。
擬似ユミルがもう少し扱いやすかったら、レッケンベル社もガーディアン(擬似)を量産して軍需企業で満足していたかもしれないのに、扱いが難しい、当のバルムントは失踪、残ったデータも暗号化されていて解読できない、色々なプロジェクトも頓挫を余儀なくされていく中、それで生体実験に手を出すようになり、ボルゼブの狂気の実験が決定打になってしまったと。

バルムントさんは科学者・研究者である前に、まともな神経の人だったみたいだけど、良かれと思ってやったことが悉く裏目に出てしまっているこの現実を知ったらどう思うんだろう。



そして、この研究所中央室の魔法陣。
レゲンシュルムはそもそもウェルス人が始めた研究所で科学を追及する場所だったはずなんだけど(シュバルツバルト自体、ポタメモ禁止な科学優先主義の国だし)、気がつけば魔導学的な方法論が取り入れられている。
その出所って、やっぱり以前スポンサーだったアルナベルツ教国なんでしょうか。
このヴェルナー自身魔法使うからシュバルツバルト以外の出身なのかもしれないですね。

今後の展開で、シュバルツ政府+ルーンミドガッツズッ友連合vsレッケンベルみたいなことになりそうだし
ヴェルナーも再登場しそうだし、キエル関係、拉致されたレイチェルさんの話も続き見れるのかな・・・
レイチェルさんもう改造人間にされてそう・・・








parallel.png


貴様ッ!見ているな!

いや冗談ですすみません・・・
でもほらわたくしめのパラレルワールド構想論、やっぱり当たってるんじゃないの?






parallel2.png
parallel3.png

中央室入った瞬間にウェルスの地下シェルターか中央実験室に飛ばされたかのような錯覚を覚えたのはやはりそういうことね。
ご丁寧にBGMまで同じでしたもんね。
んー、やっぱり今後の展開ってメモリーレコードの続きも描くよって事なんでしょうか?


あの方。
わざわざ言い直しているところが意味深ですね。

会長さんは『ファンタスマゴリカ』クエで見たときは普通のオッサンだった気がしましたが
実際にはヴェルナーみたいにちょっとキチとSとナルシスト入ったような頭おかしい感じの人でさえ畏怖するような存在なんですね。
それとも、同道の研究者として格上だから敬意を払っているとかそういう可能性はないですかね。

わたくしは、研究棟のメモリーレコードの登場人物の誰かがレッケンベル会長なんじゃないかって思っておりまして。
特に怪しい"先輩"。



rekenber_chairman.png

過去にこだわっているのはタティオだけじゃなく会長もなんですね。
会長もタティオみたいにウェルスの直接の生き残りっぽい気がするんだよなぁ。
↑お互い長い間待っていたって、同じ時間を共有しているかのような発言もあるし。
ラセ・アトナドの気になる言葉もありますし、ウェルス人は次元移動事故以前の状況に戻りたいと思ってるんじゃないのかな。タイムマシーンの研究なんて言ってるし。
タティオも、そうすれば想い人にまた会えるわけだし。


でもヴェルナーが言うとおり、次元移動機を通じて次元の狭間を抜けて向かった先はパラレルワールド?本物の過去?

時間はさかのぼることは出来ない。
タイムパラドクスがあるから。
近年のSF作品における主流なパラダイムとなりつつありますよね。
ROもまた然りって感じで。

とすると
今年の精錬祭の五郎イベントのように、次元移動事故が起こらなかったパラレルワールドへ次元移動しなおすか
元いた次元の、粒子加速実験が行われる前の位相に同期しなおして実験をとめるか。

そういう、次元の狭間を超え次元を渡る技術を獲得するしかない。


たとえば、そう、蜃気楼の塔みたいな。




うーん、相変わらず妄想だけが先走る感じです。
名誉勲章オンラインそろそろ飽きてきたな・・・


スポンサーサイト
RO関係 | 22:42:52 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad