FC2ブログ
 
■プロフィール

あぐり

Author:あぐり
-------------------
プレイ歴
2001年12月~2006年12月
2016年12月~2018年1月
2019年5月~

Patch Notice

結局まだまだ火力が足りないという話。






-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
じゃぁ私が何を考えているのか書いてみますか。
name exchange

という鍵コメを名無しの方からいただきまして。


うーん。どこからお話ししましょうか。

これは2016年12月に10年ぶりの最初の復帰をしたときから度々ブログでも言及していますし今も一貫しているんですが、私は2006年12月にガンホーがアイテム課金(ラグくじ販売)に踏み切る事にしたのをきっかけに1度ROをやめたという経緯もあり、射幸心を煽るような方法でじゃぶじゃぶ課金させるような方式には反対ですし、私自身は基本的に手を出したくないです。

でも当時はグリー・DeNAなどの運営するガラケーアプリが台頭してきたころで、その後はスマートフォンの普及に伴うソシャゲの大流行が起こって、

・ユーザーの流出
・時代は据え置き型機からモバイルへ
・手軽さが売りのモバイルアプリの定着
・基本無料・ガチャ課金という収益モデルの一般化

などといった複数の要素が絡むビジネスモデルの変化が進行していきMMOは斜陽の道をたどっていくことになり、月額課金だけではサービスを継続させていくことが困難になったわけで、ガラケーアプリ・ソシャゲに対抗するために課金体系を見直し時代の流れに乗っかっていくというのは、運営会社からすれば自然な流れだったと思います。

歳をとってそういう大人の事情を察するようになって、これはこれ、それはそれ。といいますか、廃課金のお大尽様のお陰でゲームの運営が維持され、プレイ料金勢もゲームを楽しく遊べてるんや!という開き直りともブレイクスルーとも言える復帰の言い訳を絞り出すことができ、その結果またROで遊ぶようになった次第です。

この点が複雑な私の心情の原因となっているのかもしれませんが、ROの運営は慈善事業ではないので収益を上げるためにアイテム課金という仕組みがあるのはもうしょうがないし、廃課金ユーザーさんのおかげでROの今があるという思いさえ感じているとはいえ、ゲームはギャンブルではない、限界効用の無いひたすら射幸心を煽られ搾取されるかのような課金地獄なんてまっぴら御免だ、という2006年12月時点での私のRO引退理由のコアにあるポリシーは今もなお健在なんですよね。

なので『月額1500円の』というのは、私は基本的にはプレイ料金勢である、という意思表示のようなものです。


そうすると2回目の復帰である今回、いきなりRKパッケ購入、2個目購入、セカコス導入、濃縮エル利用(ショップポイント課金)をやっているのはなぜかという話になります。



第1の理由は、すでに書いた内容と被りますが、射幸心を煽るような課金でないものまで原理主義的に否定し拒む気が無いからです。たとえば前回復帰時にこんなことになってバカバカしかったです。
2006年12月にラグくじ1本から始まったアイテム課金も、いまやステータスリセット・スキルリセット権の課金配布のようなものから見た目変更権、1垢勢向けの課金型支援システムであるジョンダサービスなど多岐にわたります。前回の復帰時、意固地になって、見た目変更権のような1度お金を払えば永続的にその対価を享受できるサービスも含むあらゆるオプション課金までも否定し、純然たる月額プレイ料金だけで遊ぶという経験をやってしみじみ感じましたが、ちゃんと効用を見込める物には課金していいんじゃないですかね。そうした『効用ある課金』と『プレイ課金勢であるというポリシー』とは、基本的には矛盾しないと思います。
何より、セカコスRKはかっこいい。より自キャラに愛着がわきました。


第2の理由は、その延長線上で思案の末に最新の環境のROをストレスなく楽しめる環境を2パッケ+αで買ったからです。

FF14など同業他社のゲームでは、大型アップデートパッケージが有料なものもあり、私もそうしたゲームのプレイ経験が何度かありますが、今回の件はそれに近いものと理解しています。

アニバパッケなどおまけアイテム付き商品はラグくじと同じ属性、つまりアイテム課金金策が主な用途となるもので、1万円がそっくりそのままゲーム内のzenyに変えられるので限界非効用な、要はパッケを買えば買うほどゲーム内のzenyに変えられるので際限なく課金してしまいうる存在です。

一方で三次職スターターパックは、実用レベルまで精錬済みのアカウント専用装備やVIPチケットが付属で付いてくる5000円プレイチケットであり、際限なくいくつもパッケを買わなければいけないというものでなく、運用に足る状態(私の場合は、実際に使ってみて指輪2個に加えて頭と肩だけはどうしても+8で運用していきたかったので)の装備が整えば以後は追加課金の必要性もなくゲームに没頭できるように設計されていて、長期休止者の方なら間違いなく投資に値するプレイ課金プランの1種であると感じます。

濃縮エルについては先日の記事で書いた通り有料精錬ギャンブルに手を出すしかなかったことは内心忸怩たる思いですが、ゲーム内精錬で爆破しまくってパッケを追加で買い続けるのは本末転倒ですし、人生経験と思って割り切るしかないかなと。ゲーム内で買える装備ならそうしていますからね。

まとめましょうか。

いまの私は基本的に月額プレイ料金でROを楽しむタイプのプレイヤーであり、個人的には射幸心を煽るような課金の在り方に反対しつつ、一方でROは営利目的で運営されているという現実、オンラインゲームを取り巻く市場環境、現在のROの多様な課金システムを鑑みて、廃課金勢が今のROを支えてくれてるんやなぁという感謝の気持ちを持つと同時に、セカコスやスターターパッケージのような買い切りのサービスは投資する価値があると思ったら課金すればいいじゃん、という姿勢でROを楽しんでおります。





スポンサーサイト



このブログについて | 15:27:05 | コメント(0)
次のページ