FC2ブログ
 
■プロフィール

あぐり

Author:あぐり
-------------------
プレイ歴
2001年12月~2006年12月
2016年12月~2018年1月
2019年5月~

Patch Notice

結局まだまだ火力が足りないという話。






-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
あぐり経済新聞2月1日朝刊


先週分(深淵回廊期間集計)の影響で今週は火曜メンテ後~金曜就寝前分ということになりましたが・・・
短期間の割にわりと善戦した感じ。エッセンスの売れ行き次第では今週も余裕の300M調達となりそうです。


◆◆◆


まずイルシオン銘柄から
お金がないので今回から産出したコルコアもそのまま売りに出すことにしました。
相場10kを回復するまで寝かせておこうと思ったけど、モジュール集めてる人がいるはずのこの需要期でさえ8kくらいじゃないと売れないので方針転換。倉庫に貯まっていた18000個の備蓄も今週半ばまでに売れていきました。
でも今の時期より精錬祭の方が需要高かったりするのかな?

破損武器はコルメモ産7(抽選回数18回)、オース二次産4(抽選回数48回)
コルメモは火曜と金曜に6戦ずつ、1週間に計12戦やっていて、サブ垢側で175になったキャラを順次随行させているんですが、破損武器の獲得率はおそらく50%程度みたいですね。今週はちょっと分が悪かったですが、その分オース二次で挽回。
あとミグおじと比較してガラクタさんはドロップ率が結構良いのでType6が5よりずっと安くなってしまったんですね、納得。
どっちでもいいのでカードください、あやっぱりガラクタさんの方が良いな

相場動向について、まず主力商品の謎の付属品ですが、私が想定していたよりずっと堅調で60k台をキープし続けてます。
破損武器も5Mで置けば一晩で売り切れるし、まだまだオース武器は量産されている模様。
ただType5は小幅ですが値下がる一方ですね、レベル上限開放にともなってオース二次の所得経験値が改訂されたので、周回する人が増えたのも原因かもしれません。まぁでも靴出るよりType5のほうがずっとうれしいので靴はやめてよね



◆◆◆


お次はテラーダンジョン銘柄

evolution-nog.png

ノーグ3で連日必死狩りしてみたけど、目ぼしいものは結局水曜夜に出た硬化ラヴァc1枚のみ。
硬化ワンコも装備なにもくれなかったしね。ドロップ率かなり渋いんでしょうか。
当面はこの新ダンジョン2つで遊んでてねってことでしょうし、陳腐化サイクルを考慮してのことなのかな?

ドロップ率が渋いお陰で急速な値崩れが起こらなかったようなので、硬化ラヴァcも売り急いだ形になってしまいました・・・
250Mで出しても売れたんじゃないかなぁ。


あとは・・・新要素のランダムエンチャント素材であるエッセンスの扱いですねぇ。
31日ぐらいになってポツポツと売りが出るようになったようですが、安定して売れるんであれば175到達キャラを複数抱えていればいるほど有利だし、しばらくはこれで食いつなげそうかなって思うんですけど、未知数です。

あとノーグ3での討伐は楽だから問題ないとしても、GHアビスの方は納品に頼りがちなので忠節くらいしか安定して供給できないのも悩みの種。スティングやミニデモが250体くらい湧いてアクセス性も良い狭いマップとかないの?



◆◆◆


discount-BH.png
硬化ラヴァcについてもそうだし、セブンヘッドフォンの取り扱い方についてもそうだけど、自分の商売の下手さ加減を思い知らされる情報がこちら。これ全部アルカナ付きでこのお値段ですよ・・・。
ヘッドフォン3つとも露店に出して、猛炎も買う時期ずらすだけで合計1Gは浮いたわけですからね・・・鬱だー

まさか2月末にまた回廊開催期間がきて、しかも3週間もやるなんてわかんないし。

でもなー。半年ぶり1週間のみの開催だと産出量少なくて値段が読めないから買えるとき買っておきたいという心理も間違っては無いと思うけど、開催期間のパターンは2019年年始とほぼ同じ(去年は2月開催⇒3月開催)なので、そこは読みに含めるべきだったとも言えるし。

毎日が勉強ですね・・・毎回高い授業料払ってるんですが、いつになったら身に付くことやら。




スポンサーサイト



あぐり経済新聞 | 11:46:29 | コメント(0)