FC2ブログ
 
■プロフィール

あぐり

Author:あぐり
-------------------
プレイ歴
2001年12月~2006年12月
2016年12月~2018年1月
2019年5月~

Patch Notice

大量のウルフ類とか湧かなくていいから・・・(絶望)






-------------------
【リンクに関して】
当blogはリンクフリーです。
エンジョイ&エキサイティングでいきましょう。


【著作物利用ガイドラインに基づく権利表記】
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。 © Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■記事分類
■リンク
精錬祭2020 Final


日曜日のミラクルのあとタコD廻して・・・
月曜日にタコD報告した後、火曜日分としてCT明けてるやつ片っ端から廻して火曜はその中の600Pのやつを極オシしして・・・
あとは最終日まで温存していた季節イベントボーナスの2000Pも付与して・・・

こうするとメイン部隊は結局中1日の最終日もいつも通りの16000P(6000+8000+2000)で行けました。
結果はどうあれ悔いを残さぬよう最後まで走り続けた脳筋の生き様の記録




ということでコロナ禍の中、大幅にスケジュールが変更されつつも無事開催された精錬祭2020も、本日をもって終了となりました。

もークタクタです。
毎年毎年燃え尽きてるなぁ。
初めて経験した2017は復帰して日も浅く、大したものは用意できなかったし
2018はヘソ曲げてたせいで出来なかったし
2019はお祭り開始後3日目?くらいに急にROに復帰したせいでろくに準備しようもなかったし

今年こそ万全の準備で臨めるはず・・・と思っていたら、直前に装備ロストとかやらかすし・・・

何これ私呪われてるん?

まぁしかし与えられた条件下でベストを尽くすしかない。泣いても笑ってもお祭りは年に1度しかやってこないのだ。
呪われているなどと人のせいにする前に、己のふがいなさをこそ呪うがいい。

そんな感じでバタバタと走り抜けた3週間でした。


seiren2020-final-2.png

最終日の+7チャレンジは結局合計5着でフィニッシュ。

うーん、必死にポイントを稼いで臨んだものの、肝心の精錬の調子があまり芳しくなくて無念です。
思い通りにいかないのも人生。
残ったポイントは叩く予定のなかった抹消者のローブを+6にしたり、古びた靴に交換したり、かき氷と引き換えたり、有象無象の装備どもをブリギッドちゃんで叩いたりして恙なく終了。
ギリギリまで粘った挙句+6リカバリーできない覚醒ローブが出てしまうより、余力が残った状態で終われたのはよかったのかもしれないですね。


seiren2020-final-3.png

seiren2020-final-4.png

トータルでは+7を34着、+6を18着でフィニッシュ。

18着残った+6はこのあとアラガム先生のもとで+7にする予定ですが、うまくいけば40着は残りそうな、まずまずの塩梅?
未精錬の52着(1着15Mとすると、そのまま売れば780M)からスタートしたことを思えば悪くない結果ですよね。

+7のまま1着150M程度に相場が回復するまで塩漬けすると、40着として6G
そうなると、+8を目指すなら1着500M弱で売れるとしても12着くらい完成してくれないと損しちゃいそうですね。
難しいなー。まぁなんにせよ、相場の動向を見守りながらしばらく塩漬けですけど。



seiren2020-final-6.png

こちらもそう。知覚リングと違ってまだクジに再録されてないはずなんだけど。やはりアニバくじで尋常じゃないほど量産されていたようで、今や+7でも100M切りそうなところまで相場が下落しております。
これ、安いうちに買い貯めて精錬祭で叩こうってみんながみんな考えた装備なんじゃないですかね。つまりノーリスクで+7になったものがそこら中に溢れかえている状況なんだと思うんですよ。

でも、+8や+9にすると使い勝手の良い装備であることは間違いないし(+9を愛用している身として嫌というほど実感してるし)、先日の記事で改良エルがおかみに流れているという予測も立ててますし、フランツさんか通常精錬か、どちらかで爆破されて需要が出てくることを期待して塩漬け。



結局、期間の半分は延々と覚醒ローブ叩いてた記憶しかないなー・・・


まぁ、モノを叩くだけが精錬祭の楽しみ方ではないですよね。
ショッピングの時間でもあると思います。


seiren2020-final-5.png

たとえば未精錬のモノを元々所持していたので精錬祭相場で売り捌いて、代わりに叩き売られていた精錬品を買うことに成功した+7ジャスパーだの+7ランナウェー
ジャスパーとか期間中は未精錬400M、+7が450Mとかおかしなことになってました。
どうせ叩くなら仕入れ値と精錬後の価格との差(要は利ザヤ)が大きいものにしたいところですね。
フェザーシールドや覚醒ローブをチョイスしたのはそのあたりが理由だったりします。

そして同じ流れで精錬祭相場に乗っかって自分で作るより堅実かつコストも低めで手に入れる好機と見て購入したのが+8フロンティアブーツと+7淤加美神
おかみは素材装備がトレハンで産出する状況で自分自身も上位互換装備の材料と化してしまったのもあってか、精錬祭中にずいぶん値下がってくれて買い時と判断しました。封印クトルcを自分で使ってみたかったのよね。
めあり~先生のレビューでもいい感じだったし。
あとSSに入れ損ねたんですが、6月の断捨離露店で550Mで未エンチャの+7古代龍を売り捌いたんですけど、先日<アルカナ>のついた+7古代龍が300M切ってたのを見つけて思わず買っちゃいました。これも精錬祭相場ならではの光景ですかねぇ。
未エンチャの+7に至っては200Mで叩き売られてたけど、これ買って8月にアルカナ付けてすこし寝かせたら値上がりそうな気がしてウズウズしてました。お金なくて断念したんですけどね。

それから、案の定精錬祭にかぶせる形で登場した、精錬祭向けのクジ品ファフニールブレスは未精錬品を安く見つけられたので自分で叩きました。すぐGH没落で実用化したかったというのもありましたしね。
こういうのがあるから精錬祭前までに叩くものを用意しすぎない方がいいという話でもありますよね。
こうして新登場のクジ品に叩きたいものが出てくるかもしれないし。

あとは、おまけでポイントが微妙に余ったので結局叩けることになった+6抹消者のローブとか、この精錬祭で1番の成果と言えるかもしれない、無事完成してくれた+8イルシオンシールドとか。

イルシオンシールドは本当に嬉しかったなー。早速使ってます。セット効果を期待して+7ランナウェーも仕入れたの。
こうなってくると、断捨離してしまった愚者のカードやら皇帝のカードも買い戻したくなりますねぇ。
うちのRKはみなVIT100で固定ですけど、現状でレベル178の子だとHP140kぐらいまで到達する感じ。
OTPレインボーだの、HP増大ポーションだのに愚者皇帝を合わせてどこまで伸びるか楽しみです。



◆◆◆


こうしてみると今年の精錬祭はなんだかんだ言って充実していたかも!
精錬祭相場を言い訳にお買い物してしまって+10ジャスパー資金がまた目減りしてしまったのは見なかったことにして、ラグコレ週間という名の休暇に入りましょう。みなさまお疲れさまでした。


スポンサーサイト





イベント系 | 12:13:26 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する